多崎 つくる 君

上



     村上春樹氏の最近のベストセラー

     色彩を持たない多崎つくると、

           彼の巡礼の年

     
     主人公、多崎つくるの「つくる」

     簡単で重くない人生をと願い

     父親が漢字で「創」より「作る」にした

     そこから、この物語ははじまる


     
     我が夫は、妻を

     お好み焼きの「好」といい

     ワン公たちの

     空を青空の「空」といい

     陸を大陸の「陸」という


     我が父・母はなにを望んでこの名にしたのか

     時として、淑女の「淑」をと願ったけど

     今、この名が楽

     




白いピアノ




     つくる君、学生時代は5人グループ

     男3対女2

     もうすでに危うい

     愛称「シロ」

     彼女はピアノのとっても上手な綺麗な女の子

     物語は不思議な世界へと進行



    

     久々に読んだ小説

     面白くて、時間はあっという間


     兄の本をたくさん読み

     疑似人生を経験して、人生を学べの言葉を

               思い出したりしながら


     つくる君の人生はひとつの巡礼を終えたけど

     それは、また始まり・・・


     つぎの本は「永遠のゼロ」

          特攻隊の疑似人生、歩みます






 
プロフィール

yoshikohang

Author:yoshikohang
雑多に追われている私、時々くじけそうになっている私、それでもいつも忘れないでいるもの 「素敵と思う気持ち」「ありがとう」の言葉

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード