FC2ブログ

海老さま歌舞伎

      げんじ


     あれから、一年がたちました。

    昨年の哀しみの中の歌舞伎公演は、

      勧玄君の壊れそうさは幼さは、

        観る側にも、深い哀しみを与えました。。


     あれから一年。

      勧玄君は

      「ボク、歌舞伎役者になる!」

       父さんは「光源氏」になる。

         親子が親子役で共演。



       「源氏物語」を観るに至りました。

          チケットは争奪戦の如し・・・・

    


      さくら (2)



       歌舞伎には「桜」 が似合う。







       輝



     

      目で観て、体験して。

       テクノロジーを使った舞台は

          目を見張る美しさがありました。  


     歌舞伎・能楽・オペラ・テクノロジーの融合の

        「源氏物語」


     海老さまはそれでも。

       やっぱり、うっとりするほど「綺麗!」

   


        いそいで北区



             


      歌舞伎は伝統芸能 

        受け継いで繋がっていく文化。


      それを観る側も

        受け継いで盛り上げんとあかんのんです!


       

       が、ほんまはただのイケメン大すきオバチャン。

       終演後の外は湿った空気。


        そんな夜空に浮かぶ歌舞伎座を後に


     
           「観て、感じて、よかった!」で急ぎ足です。







 



      

 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あれから、一年!

勧玄君は、涙なしでは見られませんでしたね。

でも、一歩一歩歌舞伎の伝統を受け継いで、、
ほんとに、頼もしいです!

さすが、海老さまのお子さんです。


No title

一年は瞬く間に過ぎます。



今回は能楽・生け花と日本の伝統文化とのコラボ。

海老様、市川団十郎は一体「歌舞伎」をどう繋いでいくんでしょうか。

いろんな意味もあり、「歌舞伎」で学ぶことはイッパイあります。

それより、何やかや言うても気持ちが「華やぐ」 これが一番!










プロフィール

yoshikohang

Author:yoshikohang
雑多に追われている私、時々くじけそうになっている私、それでもいつも忘れないでいるもの 「素敵と思う気持ち」「ありがとう」の言葉

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード